<< [須田ピコ] ソドムネコ、ゴモラネコ | main | [須田ピリ] 軍事国家ニャロメ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2007.08.25 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

[陣笠] スナック感覚ゲーム

 最近のゲームライフが、据え置きハードではなく携帯ハードばかりを遊んでしまうヘタレっぷりなので、どうしてなのかをテレビを見ながらの片手間に考えました。そして、最近の据え置き機のゲーム、特に大作ゲームはボリュームがありすぎるから遊ぶのに躊躇する、という結論に達しました。

 ロムカセットからCD-ROM、DVD-ROMときてブルーレイが出ている近年、ゲームの容量が膨大になりすぎてはいないでしょうか。ボリュームが凄いと、空いた時間などで気軽に遊びにくいというか、時間を作ってからじっくり腰を据えないと遊べないような気がするんですよね。食べ物に例えるなら、携帯ゲームはスナック菓子で、据え置き機の大作ゲームはドデカいステーキ。美味しそうなのはステーキの方に決まっていますが、手軽につまめるのはスナック菓子の方です。
 スナック菓子の怖いところは、食べだしたら止まらないところにあります。これは手軽なゲームにも当てはまり、特にパズルゲームやミニゲームに顕著です。もう1プレイ、もう1プレイと繰り返し、やめられない止まらない状態に。気がつくと、ちょっとのつもりが何時間も経っている危険性だってあります。
 そして、スナック菓子ゲームはやり直しが楽です。大作ゲームのボス戦なんかだと、戦いの終盤で不覚にも全滅してゲームオーバーになったとき、続けざまにもう一度ボス戦をやり直せるかというと、それは難しいと思います。なんせ、費やした時間が無駄に終わったショックが大きいですから。それと比べたら、ミニゲームのゲームオーバーなんか屁でもないです。

 こんなこと書いてると、大作批判とか懐古信者とか言われそうで怖いですが、元々ゲームってのは息抜きでやるものであって、あえて神経をすり減らしにいくものではないと思ってるんで、こういう考え方になってしまうんですよ。メーカーは、こういうタイプのゲーマーもいることを理解してくれればいいのですが。

スポンサーサイト


  • 2007.08.25 Saturday
  • -
  • 19:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
about
  このブログについて
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM